メリー・ベーカー・エディ

キリスト教科学の発見者・創始者・指導者
科学と健康-付聖書の鍵』の著者

主要な年月日

1821 7月16日、ニューハンプシャー州ボウ:マーク及びアビゲイル・ベーカーの娘、メリー・モース・ベーカー誕生。
1843 12月10日、ニューハンプシャー州サンボーントン(現在のティルトン):サウスカロライナ州チャールストンのジョージ・W・グローバーと結婚。
1844 6月27日、ノースカロライナ州ウィルミントン:ジョージ・グローバー死去。未亡人となり、ほとんど無一文で、身重であったメリーは、サンボーントンのベーカー家へ戻る。
9月12日:ジョージ・グローバー、ジュニア誕生。
メリー、これ以降20年間余りにわたり病気と病弱状態が続く。
1851 5月:ジョージ、ジュニア、ニューハンプシャー州ノース・グロトンの里親、チェニー夫妻の家族と同居。
メリーの健康状態は悪化しはじめる。それ以降、ニューハンプシャー州サンボーントン、ノース・グロトン、そしてラムネイに住んでいた間中、寝たきりの状態が続く。
1853 6月21日:息子のための家庭を築くことを期待し、ニューハンプシャー州フランクリンの歯科医師、ダニエル・パターソンと結婚。
1855 息子(ジョージ)の近くに住むため、パターソン夫妻ニューハンプシャー州ノース・グロトンへ引越す。
1856 チェニー夫妻、11歳のジョージを連れてミネソタへ引越す。これ以降、メリーは1861年まで息子との連絡を絶たれる。
1860 パターソン夫妻、ニューハンプシャー州ラムネイへ引越す。
1862 10月、メイン州ポートランド:磁気を用いて癒すフィネアス・クインビーをはじめて訪問。健康状態は一時的に良くなる。
1865 9月、マサチューセッツ州リン:パターソン夫妻、マサチューセッツ州に住居を構える。
1865 マサチューセッツ州リン:パターソン、歯科医の仕事を再開。夫妻はリンに居住。その後スワンプスコットに居住。
1866 2月、マサチューセッツ州スワンプスコット:凍結した氷の上で転倒し、命にかかわる重態状態に陥ったが、祈りにより癒される。
1年間にわたり、癒しを行い、聖書を研究し、自分の発見を探求する。(後に、この発見をキリスト教科学 [Christian Science] と名づける。) 夫、ダニエル・パターソン、彼女の元を去る。
1867 マサチューセッツ州タウントン、エームスベリ、ストートン、リン:祈りによる癒しを人々へ教え始める。亡くなった初めの夫の名前、グローバーを再び使い始める。
1872 The Science of Life (『生命の科学』)の原稿を執筆し始める。これは、後にScience and Health(『科学と健康』)と改題される。
1873 離婚合意を得る。これは結婚してから20年後であった。
1875 3月、マサチューセッツ州リン:ブロード・ストリート8番地の家を購入。
10月30日:『科学と健康』を出版(後に『科学と健康-付聖書の鍵』という題になる)。
1877 1月1日、リン、ブロード・ストリート:アサ・ギルバート・エディと結婚。
1878 エディ夫妻、日曜日にボストンへ通い始める。ボストンでエディ夫人は礼拝を司り、説教を行なう。
1879 ボストン:(科学者)キリスト教会、認可される。エディ夫人、牧師として招聘される。
ボストン/チャールストン:(科学者)キリスト教会の第一回目の礼拝。
1880 1月〜6月、ボストン:エディ夫妻は様々な場所に居住。エディ夫人は,説教をし、講演をする。
10月、リン:エディ夫人と生徒たち、マサチューセッツ・メタフィジカル・カレッジを設立。
1881 1月31日、リン:マサチューセッツ・メタフィジカル・カレッジ、ボストンにて認可される。
1882 1月:エディ夫妻、リンから引越す。エディ夫人、一連の講演をワシントンDCで行なう。
4月:エディ夫妻、ボストンに落ち着く。
5月:カレッジのクラスを開始。
6月:ギルバート・エディ死去。
9月:エディ夫人、ボストンにて集中的活動を始める。7年間にわたり集中的に教授、説教、講演、及び執筆活動を行なう。
1883 4月、ボストン:Journal of Christian Science (「ジャーナル・オブ・クリスチャン・サイエンス」)第1号。後にThe Christian Science Journal(「ザ・クリスチャン・サイエンス・ジャーナル」)となる。
1889 5月:ボストンを去る。
6月:ニューハンプシャー州コンコード、ノース・ステイト・ストリート62番地の借家に落ち着く。ボストン市所在(科学者)キリスト教会の牧師職を退く。
キリスト教科学者協会(1876年に創立)及びマサチューセッツ・メタフィジカル・カレッジを解散。
ボストン市所在(科学者)キリスト教会の正式な組織を停止。教会は礼拝を続ける。
1891 1月、ニューハンプシャー州コンコード:主要な改訂後、『科学と健康-付聖書の鍵』第50刷を出版。
11月:Retrospection and Introspection(『回顧と反省』)を出版。
1892 6月、ニューハンプシャー州コンコード:ニューハンプシャー州コンコード郊外の農場プレザント・ビューへ引越す。
9月23日:4人の理事と12人の科学者キリスト教会初代会員による科学者キリスト教会を再編。
1893 12月:挿絵入り詩 Christ and Christmas (『キリストとクリスマス』)を出版。
1894 母教会(旧館)を建設。収容人数は約1000人。12月に最初の礼拝を行なう。
1895 聖書と『科学と健康-付聖書の鍵』を牧師として任命。
9月:『母教会の規範』初版を出版。
1897 2月:Miscellaneous Writings 1883-1896(『散文集1883年〜1896年』)を出版。
1898 メリー・ベーカー・エディ、1年間にわたる集中的活動により教会組織を強化。
講演委員会を設立し、無料講演会を通してキリスト教科学についての事実を一般に紹介。
信託証書によりキリスト教科学出版協会を創設。
教育院を設立し、キリスト教科学を教える機関とする。
各週の聖書教課の26の主題を編纂し、決定する。個人は聖書を勉強するために、科学者キリスト教会は説教として、用いる。
週刊誌Christian Science Weekly(「クリスチャン・サイエンス・ウィークリー」)を発刊。これは後のChristian Science Sentinel(「クリスチャン・サイエンス・センティネル」)となる。
最後の師範クラスをニューハンプシャー州コンコードで開催。(選ばれた68名の生徒が出席。)
渉外部を設立。出版物によるキリスト教科学に対する一般の誤解に対応。
Christmas Morn(「クリスマスの朝」)を出版。
1899 ジョセフィーン・ウッドべリー、メリー・ベーカー・エディと、教会および出版協会の役員に対し、文書による訴訟の申し立てを起こす。
1901 ウッドべリーによる訴訟、エディ夫人及びその他の被告人に有利な判決が下りる。
1902 主要改訂後、第226刷『科学と健康-付聖書の鍵』を出版。
1903 母教会ドーム型新館の建設開始。
1906 6月10日:母教会新館献堂式。新館の収容人数は5000人。
The First Church of Christ, Scientist, and Miscellany (『第一科学者キリスト教会と雑文集』)のための資料を収集、編集する。
1907 3月1日:「近友」訴訟―86歳になろうとしていたメリー・ベーカー・エディには事業運営能力はないことを証明しようとする。6ヵ月後、適正能力があることが反駁の余地なく証明され、原告は訴訟を取り下げる。
1908 1月26日:仕事の補佐をするスタフたちとマサチューセッツ州ニュートン、ビーコン・ストリート400番地へ引越す。

11月25日:The Christian Science Monitor (「ザ・クリスチャン・サイエンス・モニター紙」) 第一号を発刊。

1909 ニューヨーク教会の指導者、オウガスタ・ステットソン、離脱し、破門される。
1910 科学と健康-付聖書の鍵』と『母教会の規範』の最後の改訂を行なう。
12月3日:エディ夫人死去。
12月17日:『母教会の規範』第89版、出版される。
1913 The First Church of Christ, Scientist, and Miscellany” (『第一科学者キリスト教会と雑文集』)出版される。

伝記