大変な著名人

Carriageエディ夫人の馬車、1909年頃、御者席、左から右へ、
フランク・バウマン、カルビン・フライ、
馬車の中、左から右へ、ローラ・サージェント、エディ夫人

ボウのベーカー農場出身のメリー・ベーカーは、1900年までに、新聞で大きくとりあげられ、たたえられる有名なメリー・ベーカー・エディとなった。新聞や雑誌は、ありとあらゆる問題について彼女の見解を求めた。彼女のすべての動きがニュースとなった。

時折、彼女はあえて公に出て、キリスト教科学者たちに声明を出し、一般の新聞や雑誌に投稿し、少数ではあったが、一流でよく知られていたジャーナリストたちのインタビューを受けた。また、コンコードそして後にはチェスナット・ヒルで、毎日馬車で遠乗りをしている彼女の姿が見られ、彼女は世間に大いに知られるようになった。

しかし、彼女は人々が彼女の人格に焦点を当てることを退けた。インタビューをしたあるジャーナリストは、「彼女は、個人的な追従を思い留めさせ、… 彼女の教えを受け入れる人々の考えを、宗派の創始者にではなく信仰へ向けさせたいと説明した」と報告している。

彼女が、自分に従う人々に対して、特に注意していたことは、彼女をあがめるのではなく、を信頼するようにさせることであった。彼女は「再び繰り返して言う、あなたの指導者がキリストに従うのと同じ従い方によってのみ、あなたの指導者に従いなさい」と指示した。