キリストによる癒しの科学を教える

Bagley Houseマサチューセッツ州エームスベリのバグリー家の応接間、
ここでグローバー夫人は初期の生徒たちを教えた。

もし、癒すことが、リンのある孤独な婦人の個人的な才能であっただけならば、キリスト教科学は彼女を超えて成長することはなかったであろう。しかし、彼女は,癒しは、の普遍的な法則を示す証拠であり、人々へ教えることが出来るものであると理解していた。

発見後しばらくして、彼女は、キリストによる癒しの科学を教え始めた。最初は小さく、1867年初頭には、生徒はたった一人、ハイラム・クラフスだけであった。それから、マサチューセッツ州エームスベリで二人目と三人目の生徒が加わった。

1868年の9月に、彼女はマサチューセッツ州ストートンにあるウェントワース家族の家の一部屋を借りた。四人目の生徒、サリー・ウェントワースは、祈りを通して癒す実践士となり、成功を収めた。

1st Studentハイラム・クラフス、最初の生徒3rd Studentサーラ・バグリー、初期の生徒4th Studentサリー・ウェントワース、初期の生徒

 

メリー・グローバーが、1870年の夏にリンに戻ってから、クラスは大きくなっていった。各クラスは少人数で、生徒たちは、12科目で構成された三週間のコースを受けた。これは、彼らが自分自身および他の人々を癒す準備となった。それから数年後に、彼女は、クラスを開くため、カレッジを設立する認可を受けることになる。

しかし、まず、この科学は教科書を必要としていた